ネット囲碁対局、エアロビ、名作映画の鑑賞に、どっぷりはまっています。
ボケ防止のためパソコンで遊んでいる赤とんぼのホームページです
《Microsoft Windows 95売り出しに遅れじと始めてからもうすぐ15年になります》
1台目 私がパソコンを始めた(初めて買った)のは1994年11月20日だった。
それ以前は、卒論のため、大学の電算室で巨大コンピューターに触れただけでした(操作は助手任せというより、使えなかったから(笑)
記念すべき11月20日はMicrosoftの”Windows95" 発売の1ヶ月まえでした。  そのため、購入したのはOSがWindows3.1インストールの98MULTI Canbeディスプレイ一体型パソコンでした。
仕様 CPU;MMX200MHz、HD2Gb、Memory8Mb、CD-ROMドライブ、ダイアルアップ用モデム
\220,000(エプソンカラリオ:カラープリンターを含めて)だったと記憶しています。
12月に”Windows95”が売り出されると直ぐにUPGrade(メモリを32Mbにアップ)SCSI接続の外付けHD2GB追加
 ・ワープロのような使い方をした。また数10Mbのデータを沢山のFDに分割保存した。
 ・よくフリーズを起こした。
 ・電話回線でパソコン通信(NECのPC-Van)していたが、速度が遅く、電話代がかかった。(インターネットは揺籃期)
2台目 1998年 COMPAQ PRESARIO3515   OSはWindows98
仕様 CPU:Celeron466MHz,HD8.4Gb、Memory64Mb、CD-RW、DVD-ROMドライブ、
17インチモニター タワー型デスクトップ、\190,000
購入して半年足らずで、子供に譲ってしまったので、CDを少しばかり焼いただけ。
3台目 1999年 SOTEC PCSTATION M350V   OSはWindows98SE
仕様 CPU:PenⅢ500MHz HD13.6Gb、Memory128Mb CD-RW,DVD-ROM、LANカード、
17インチモニター ミニタワー型デスクトップ、\120,000
ソーテックの「10万円を切った低価格パソコン」に飛びついて買った。確かに当時、仕様に対してすごくお値打ちパソコンだった。
メーカーのサポートが悪く、 騒音がうるさく、ビデオの残像映像のこりやフリーズ発生を起こしたマシンだった。
そう、後日シバケンの天国でパソコン大魔神によって味噌クソにたたかれたマシンでした。
しかし、私にとっては愛着のある、また教材になってくれた改造向きマシンでした。
1、電源のアップ 2、HDのアップ 3、メモリーのアップ  4、Biosのアップグレード
5、CPUのアップ(P-Ⅲ 500MHz⇒ Celeron1.4MHz) 6、・・・・・
インターネットの接続はNTTのテレホーダイ契約で専ら深夜のネットサーフィンを楽しむ。
マシン改造の部品入手のため、ネットオークション始める
4台目 2001年 東芝Dynabook Satellite2590X OSなし(Windows98SE⇒Windows2000 & Linux))
仕様 CPU:Celeron400MHz HD6.4Gb、Memory128(⇒196)Mb CD-ROM、LANカード、
14.1インチTFT液晶モニター
※ネットオークションで購入(\23,000)
※現在Linux勉強に使っている。→売却済(\16000)
5台目 2002年 Gateway G6-466  OSなし(Windows98SE⇒Windows2000sp4)
仕様 CPU:C466MHz HD4.3(⇒80)Gb、Memory64(⇒394)Mb CD-ROM、LANカード、
17インチモニター タワー型デスクトップ(⇒17インチTFT液晶モニター\18,000)
※ネットオークションで購入(\5,000)
※Yahoo ADSLにてネット接続
※DVD-RWドライブを追加、静粛で動きがスムースなのでネットサーフィン等に多用中
6台目 2003~5年色々なメーカーのデスクトップパソコンをオークションで入手し、
解体、部品取り、組み立て、修理等をして遊んだが、現在EPSON:Pro-600Lが予備マシンとして手元に残っているだけ。
仕様 CPU:Pen-Ⅲ800MHz HD40Gb,Memory512Mb, CD-RW,DVD-ROM,LANカード、タワーボックス
TVキャチャーチューナー等追加
7台目 2005年 EPSON EDICube BN100 ノート  OSはWindows2000sp4
仕様 CPU:AMD Mobile AthlonXP(1.3MHz) HD30SATA Memory752Mb CD-ROM 、LANカード
14.1インチTFT液晶モニター
※ネットオークションで購入(\30,000)
※2006/12 ディスプレイの残像ぼやけ不具合発生したため、メーカーにてLCDを新品に交換修理済
※2007/8 誤った使用で熱暴走させて、マザーボードが逝かれたため、修理のため分解中
⇒2007/11Motherboard(オークションで購入\8000)を交換修理完
※OSをWindowsXP sp3 にアップグレード
※CD-R&DVDに換装
※2008.6 eBoostrを追加(USB2.0も)
8台目 2006年 Sony Vaioノート PCG-FX55S-BP  OSはWindowsXPsp2
仕様 CPU:Pen-Ⅲ850MHz HD30Gb,Memory384Mb, CD-RW/DVD-ROM,LANカード
15インチTFT液晶モニター
※知人より入手後、MotherBoard、HD等を良品に交換、Memoryもアップ
※ケーブル回線でネット接続に変更
※2008.7 売却済(\20,000)
9台目 2007年6月 EPSON Endeavor NT2600 ノート OSはWinXP HomeEdition
仕様 CPU:Celeron2.2GHz HD30GB Memory256Mb CD-ROM 14.1インチTFT
※ネットオークションで購入(\35,000)
10台目 2007年9月 DELL Vostro1000ノートOSはWinXP HomeEdition
仕様 CPU:AMD Athlon64×2 Dual-Core K-53 1.7GHz HD60GB Memory1052Mb CD-R/W DVD-ROM 15.41インチ光沢TFTワイド
グラフィックス:ATI Radeon Xpress X1150
※DELL DIRECTで購入(¥65,000)
※2008.7 WinXP Pro sp3にVistaをデュアルブート
※2010.3 OSをWin7 Pro に入れ替え(デュアルブート止め)Memoryも2Gbにアップ)
14台目 2009年4月 NEC サブノートPC-LJ7007Eの故障品を譲り受け、マザーボード交換して修理
  ※CPU::PENTIUM M 1GHz、Memory 768Mb
 当初、OSををWinXP Proインストールして使用していたが、2010年5月にWin7に変更した。
  ※マシンのMemoryの最大値が768Mbであるため、8GbのUSB メモリをReadyBoostとして常用中