How-to of My Orignal Bootable Recovery CD 

《akatombo流のリカバリディスクの作り方を紹介します(windowsXPの場合)》
  ドライブを2つのパーティションに分割して、OSをCドライブにクリーンインストールしたのち、快適に動いている windowdos のリカバリ
  イメージファイルを Ghost2003を使って作成し、Dドライブに一時保存する。そのあと、別の writing soft を利用して、ブータブルCDを焼く。


パソコンの
快適化(整備) 
 1、ハードディスクをパーティションツール EASEUS Partition Master を用いて、ドライブCと
  ドライブDに分割する (Cドライブの容量は必要最小限4Gb,後日拡大)
   
2、CドライブにOSをクリーンインストール後、LAN、Video、Audio等のドライバーや
  アンチウィルスソフトや常用アプリを組み込む。Avast Antivirus, IObit Security360, 7-Zip,
   Thunderbird, PhotoScape, CDBurnerXP, Office, Free Motion...... 
 3、Dドライブは、フォーマットだけ行い、空の状態にしておく(データドライブとして、後日利用するが)

 
4、パソコンを軽快に動作させるために、下記の設定をする。
 a, コンピューターのプロパテイ⇒システムのプロパティ⇒詳細設定⇒パフォーマンス
   ⇒パフォーマンスオプション⇒視覚効果⇒パフォーマンスを優先する⇒OK
  b, デフラグの実行 Smart Defrag
 c, システムの最適化、レジストリー修正、スパイウエアの除去 Advanced System Care
 d, eBoostrの設定 
5、1週間程度、試用して、快適化を図る。
  (現況再現用のリカバリディスクを作成準備完了) 
  ツールの準備  1、 Ghost2003 .........フロッピーディスクにGhost.exeファイル入りの標準ブートディスクの作成や
             リカバリイメージ作成等に使用するソフト
2、Ghost2003より、抽出したCD/DVDドライブをブートディスク2枚組をフロッピーディスク1枚に
  編集(以後、このディスクをGhost2003ブートディスク作成用のフロッピーと呼ぶことにする)
  ※内臓CD/DVD-ROMの認識に必要なドライバー DEVICE = oakcdrom.sys だけを残し、
  他のドライバーを割愛して、フロッピー1枚に統合⇒ghost_boot_fd.7z
3、 B's Recorder 9.0........ブータブルCD用ライティングソフト
リカバリディスク
の作り方
 1、BIOSをFDドライブから起動に設定後、FDドライブにGhost標準ブートーディスクをセットして、
  起動すると
  Norton Ghost2003画面が立ち上がる
  OK を押すと 下のようなメニュー画面が現れます
Local - Disk      - To Disk
                    To Image
                    From Image
      - Partition - To Partition
                    To Image
                    From Image
      - Check     - Image File
                    Disk
C ドライブのリカバリイメージを作り、Dドライブに保存するために、、
 Local - Partition -To Image (これを選んでクリック)
Select source partition の画面になるので、
 Part1 Primary を選んで OKを選ぶ
(NTFS の場合は ドライブ名を認識できないため、 どのパーティションがDドライブかを正しく判断する必要があります)
File name to copy image to
(イメージファイルの作成先とファイル名を聞いてきますから)
 Dドライブを選び、イメージファイル名を記入します。

( 次に Compress image file ? と聞いてきますから)
 High を選択します。
最後に Proceed with pertition image creation ? と聞いてくるから、
 Yes を選ぶ
と作成処理が始まり経過状況が表示されます。
I
mage Creation Completed Successfully という表示がでれば成功です。
     Source partition : リカバリしたいCドライブ
       Target partition : 保存先ドライブ
 2、windows上のGhost.exeを起動し、GhostのユーティリティよりNorton Ghostエクスプローラ画面
  を表示させてから、ファイルを開くより、Dドライブ保存のリカバリImageファイルを選択後、
  CD/DVDに焼くために、表示のオプションを開いて、スパン分割点に、CDなら、680MBに
  DVDなら2040MBに、設定し、ファイル項目ののコンパイルをクリックして、元ファイルを順次、
  オートで分割する
 3、ブータブルCD/DVDに焼くために、Ghost2003ブートディスク作成用のフロッピーを
  FDドライブにセットして、リカバリImageファイルの分割1番目のファイルをブータブル設定で
  焼く。2番目以降のファイルはブータブル設定なしで順番に焼いていくと完成する。

ブータブルメディアの作成手順(B's Recorderの場合)
  ブータブルメディアの作成を行う場合は、データウェルに書き込みたいデータを登録した後に、
   ブータブルメディアの作成に関する設定を行う必要があり、設定は、次の手順で行う。
a, トラックウェルに作成されたデータトラックをクリックした後に[プロパティ]ボタンをクリックし、
   「トラックのプロパティ」ダイアログを開きます
b, ブータブルメディアの設定を行います。設定は、2.ユーザーがあらかじめ準備しておいた
   「起動用フロッピーディスクから作成」を選択し、 [OK]ボタンをクリックし、
   通常のデータメディアを作成する場合と同じ操作で作成準備を行い、メディアへの書き込みを行う。
   メディアへの書き込みを開始すると、起動用フロッピーディスクをFDドライブに挿入するように求める
   ダイアログが表示されるので、指示に従い起動用フロッピーディスクをFDドライブに挿入し、作成を続行する。
 
リカバリCDで
リカバリ
1、BIOSでCDドライブ起動に設定後、CDディスクをセットして、起動すると
  Norton Ghost2003画面が立ち上がる。
  OK を押すと 下のようなメニュー画面が現れます
Local - Disk      - To Disk
                    To Image
                    From Image
      - Partition - To Partition
                    To Image
                    From Image
      - Check     - Image File
                    Disk
 [C ドライブにリカバリイメージを入れ戻す(回復させる)ために、 ]
2、PartitionーFrom Image (これを選んでクリック)
   Image file name to restore from の画面になるので、look in 窓を矢印で拡げ、

3、C:[vol_.......}CD Rom drive を選んで 
    リカバリーイメージファイルを指定し、OKをクリックする。
   次にSelect local destination drive by clicking on the drive number の画面になるので、

4、 そのまま、1を選び、OKをクリックします。
   さらに、Select destination partition from Basic drive1 の画面になるので、

5、 1 のPrimary を選び、OKをクリックします。
   すると、 Quetion:(1823)の画面が表示されるので、

6、 Yes をクリックします。
   あとは、リカバリが始まり、
   CDが複数枚あれば、途中で、Span volume Done(1660)のメッセージ が出れば、

、 順次CDを入れ替えて OKをクリックする。
   Clone Complete(1912)のメッセージが出ると完了だから

8、 CDを取出し、Reset Computer再起動する。